よくある質問(ドローンオペレーター・インストラクター認定試験について)

当日の持ち物は?

①機体一式

②筆記試験用の鉛筆・消しゴム

③事前にお送りするドローンテキスト

④受講票

をお持ちください。

機体は必要ですか?

屋外仕様で点検を済ませた機体一式をご持参ください。機体は協会で手配出来ません。

ドローン講習会、ドローン認定試験はいくらですか?
  • ドローン講習会
    一般40,000円
    ラジコン操縦士登録者
    (ホビー・産業)
    35,000円
    ラジコンインストラクター
    認定登録者
    20,000円
    ドローンインストラクター
    認定登録者
    5,000円
  • ドローンインストラクター・
    オペレーター認定試験
    ラジコン操縦士登録者
    (ホビー・産業)
    5,000円(一資格)
    受験可能な資格:
    ドローンオペレーター1~3級
    ラジコンインストラクター
    認定登録者
    5,000円(一資格)
    受験可能な資格:
    全資格
申し込みの流れを教えてください。

①ドローンインストラクター/ドローンオペレーター受験申請書をファックスまたは郵送で協会まで送付

※ドローン講習会を受講される場合は、受講申請書も併せて。

②料金を確認し、受験料の払込を行う。

【郵便振替】  
口座記号:00100-9   
口座番号:193052
加入者名:一般財団法人 日本ラジコン電波安全協会

③協会で受験申請書と受験料を受理した後、ドローンテキスト・受験票・試験場所の地図等を送付いたします。

④当日、機体一式等を持って現地までお越しください。

ドローンインストラクターはドローンオペレーターを認定できますか?

ドローンインストラクターはドローン初心者等に対して、ドローンに関する知識や操縦技術を指導するための資格ですので、ドローンインストラクターはドローンオペレーターを認定することはできません。
ドローンインストラクター及びドローンオペレーターの認定は、当協会の判定員が認定することとしております。

雨天の場合はどうなりますか?

(ドローン認定試験)
中止の場合、試験の2日前にご連絡いたします。(例えば、日曜日実施の場合は金曜日)
また、中止の旨は協会WEBサイトまたはFacebookでもお知らせいたします。実施できない場合は、受験料を全額ご返金いたします。
当日、強風や雨等、悪天候の場合、中断または中止といたします。屋内で行う場合、会場の広さによって演技内容に若干の変更が出る場合がありますが、試験内容変更などは当日発表します。

機体によってGPSを外せないなど制限がありますが、その場合受験できますか?

GPSを外せない場合は3級のみ受験できます。それ以上のクラスはGPSは使用しませんが、ATTIは使用可能です。
インストラクター級、1級:GPS使用不可能、ATTI使用可能
2級:GPS使用不可能、ATTI使用可能
3級:GPS使用可能

持参する機体のメーカー・種類・サイズに制限はありますか?

メーカーや種類、大きさの制限はありません。ただし、受験する資格の演技が行える、屋外使用可能な機体をご持参ください。

※その他、機体に関するお問い合わせはメールにてお願いいたします。

オートパイロットについて、どのような試験内容ですか?

機種やメーカーによって設定の方法が異なりますが、この試験で確認するのは

・オートパイロット(自動操縦)の設定、離脱ができるか

・飛行中に、故障等が起こった際、機体の異常に気づき、マニュアルでホームに戻すことができるか

です。試験では判定員の指示に従い設定と離脱を行ってください。

筆記試験が合格で、実技試験が不合格の場合において。次回の受験時に筆記試験の免除はされますか?

ドローンオペレーター2級又は3級の認定登録者(合格し登録していること)で、2年以内に上位のオペレーター資格を受験する場合は、筆記試験の免除を受けることができます。
ドローンインストラクター資格を受験する場合は、オペレーターに比べ合格点を高く設定していますので、再度筆記試験を受けていただくこととします。

ドローンインストラクターとオペレーターの違いはなんですか?

ドローンインストラクター
ドローン初心者等、ドローン運用者に対してドローン運用に必要な知識・技能及び安全な操縦技術を指導するにふさわしいと認められる者
ドローンオペレーター
ドローンに関するルール・マナー、ドローン及びドローン用電波に関する知識並びにドローンの安全運用に関する知識・技能を有すると認められる者とし、各級ごとに操縦能力の違いがあります。

試験合格後、登録まで時間が空いても問題ないですか?

機体の進化やドローン飛行を取り巻く環境が日々変わってきていることから、登録までの猶予期間は受験日から3ヶ月とします。(2018年4月10日に合格した場合、2018年7月10日までに登録してください。)

ドローンインストラクター認定登録者だが、ドローン講習会や試験で使用したドローンテキストを配布してほしい。また配布可能であれば、独自に行う講習会で使用したい。

当協会の登録代行店やドローンインストラクターが計画する講習会を行う場合において、必要があれば実費にてお渡しいたします。
内容は随時変更が生じる為、ドローンテキストの電子ファイルは提供できませんのでご了承ください。また、ドローンインストラクターが講習会の受講者にお渡ししたテキストを配布することは構いませんが、個人のWEBサイト等への掲載、受講者以外の第三者に配布することは禁止しております。(無断転載・複写厳禁)

※ドローンオペレーター認定登録者の方にはお渡ししておりませんのでご了承ください。

ドローンインストラクターが独自で講習会を行う場合、料金設定はどうすればいいか。

講習会に係る経費等を勘案し、料金はインストラクターご本人で決めてください。