初心者等・受講者への指導

受講者の紹介及び手続き等

・登録代行模型店から受講者を紹介されます。

・受講者と調整し飛行場を確保してください。

・「同意書」と「受講票」を印刷して受講者にサインをもらい、当協会にFAXまたはメールで送付してください。

・受講者はラジコン操縦士登録のご協力をお願いいたします。(受講者の個人賠償責任保険の加入は必須です。※保険会社は問いません)

ラジコンインストラクター保険

指導日が確定次第、登録代行模型店にラジコンインストラクター保険加入申込手続きを行ってください。
(少なくとも3日前まで)

指導方法等

1回の指導で、受講者3名まで同時指導

登録代行模型店から紹介された場合は、3名まで同時指導を行うことができます。(受講者に同時指導について理解を得て行ってください。)
なお、指導内容は「ラジコンインストラクター安全運用マニュアル」及び「指導用DVD」に基づき、離陸から着陸まで安全な運用について行ってください。(ラジコン模型の安全運用に関するルール、マナー、電波及び模型の知識、並びに安全な操縦技術)

指導修了

指導修了の判断基準

  • ・飛行機:タッチ・アンド・ゴーが同日に3回、安全に操縦できる
  • ・グライダー:飛行場内に連続して3回、安全に着陸できる
  • ・ヘリコプター:連続して3回、安全に離着陸できる

指導修了と判断したときは、登録代行模型店に報告してください。指導修了者には、協会理事長名による修了書を発行します。

※ラジコン操縦士登録及びラジコンインストラクター資格が失効した場合は、指導が続けられませんのでご注意ください。

指導料とチケット

指導終了後、受講者から指導料として指導チケットを受領してください。

ラジコンインストラクターとしての心構え

  1. (1)ラジコンインストラクター登録証は常時携行し、受講者に身分を提示すること
  2. (2)ラジコンインストラクターとして自覚と責任を持って指導すること

    ・指導に当たっては言語、態度等に配意し、ユーザーの理解が得られるよう適切に対応すること

    ・受講者が高揚すべく誠意をもって指導すること

    ・受講者の理解度及び習熟度に応じた指導を行うこと

  3. (3)常にラジコンに関する知識と操縦技術の研鑽に努めること

    ・ラジコンインストラクター安全運用マニュアル」及び「指導用DVD」を習熟すること

  4. (4)安全運用に努めること

    ・運用前及び運用中の安全確認に努めること

    ・関係法令、協会の安全運用基準及び飛行場の管理規定を遵守すること

  5. (5)ラジコン模型の点検調整は、自らが主体性を持って実施すること

    ・受講者任せにせず、自ら確認してください。

  6. (6)地域住民に迷惑や不安を与えないよう配意すること
  7. (7)登録代行模型店及びラジコンクラブとの密接な連携に努めること

ラジコンインストラクターの技術向上支援

講習会の開催

ラジコン模型に関する知識及び指導技術の向上を図るため、プロポの性能及び取扱等、メーカーの協力を得て講習会等の開催を計画する予定です。

情報提供

ラジコン用電波などラジコンの安全運用に関する情報提供をします。